統合失調症を理解する

統合失調症を理解するトップ > 働く場の種類

完治後の就労

精神疾患による社会適応能力の低下は例え病気が完治しても、その後の生活に大きな影を落とすことになります。特に就労に関してはハードルが高くなるようで、就職先が見つからない方が多いようです。この現状を打破するために制度化されたのが地域活動支援センターです。ここでは社会復帰のための支援や就職先の斡旋を行っています。また、フルタイム勤務が難しい人は働きながらスキルを身に付けられる授産施設を利用する方法もあります。

授産施設
精神疾患患者の社会復帰をサポートするための施設です。保護授産施設、社会事業授産施設などいつかの種類があります。
地域活動支援センター
社会復帰が可能な人に地方自治体が就労先を斡旋する施設です。全てが完全無料で利用することが出来ます。