統合失調症を理解する

統合失調症を理解するトップ > いろいろある福祉制度自立支援医療費(精神通院)制度について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自立支援医療費(精神通院)制度について

統合失調症などの精神疾患治療には気が遠くなるほど長い時間がかかります。
入院治療が必要ある場合でも通院治療のみで治療できる場合でも同様です。

自立支援医療費は、そうした精神疾患の通院治療を続けている人を対象にしている制度です。
通院にかかる医療費の自己負担をできるだけ軽減することを目的としています。

自立支援医療費制度の対象

自立支援医療費の対象となる精神疾患は、統合失調症、うつ病、不安障害......。
薬物やアルコールなどの依存症、知的障害、人格障害、てんかんなどの疾患です。

医療費の軽減対象となる治療には精神疾患に通院治療で行われる外来や投薬など。
その他、訪問看護、デイケアなどの利用も適用の対象となります。
自立支援医療費の対象となるのは、病院などの医療機関のみです。
カウンセリングも病院など医療機関で行えば自立支援医療費の対象になります。
それ以外の機関で行われた場合には、対象外となってしまうので注意しましょう。

自立支援医療費制度の利用

自立支援医療費を利用すると、通院治療にかかる負担がかなり軽減されます。
生活保護を受給している世帯なら、自己負担は完全無料になります。
たとえば制度を利用しない場合の自己負担が2100円の場合。
自立支援医療費を利用することで自己負担を700円まで軽減することが可能なのです。

精神疾患の通院治療は、気が遠くなるほど長く続きます。
一度の治療ではそれほど自己負担が家計を圧迫することはないかもしれません。
それも長く継続すれば自己負担分が少しずつ家計を圧迫していきます。
自立支援医療費を利用すれば、わずかな自己負担で通院治療に専念することも可能です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加