統合失調症を理解する

統合失調症を理解するトップ > いろいろある福祉制度精神障害者保健福祉手帳で受けられるサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

精神障害者保健福祉手帳で受けられるサービス

通院治療でリハビリ中の精神疾患患者で、初診から6か月以上の期間が経過している人。
このようなケースは精神障害者保健福祉手帳を申請することができます。
しかし精神疾患なら誰でもこの手帳を申請できるというわけではありません。

統合失調症やうつ病、てんかん、アルコールや薬物の中毒症、高次脳機能障害、自閉症......。
他にも学習障害などの発達障害、ストレス系の精神障害などの疾患でなければいけません。

受けられるサービスの種類

この手帳を持っていると、いろいろなサービスを受けることができます。

・NHK受信料の減免
・所得税や住民税、相続税などの税金の控除や減免
・自動車税の軽減(1級の場合のみ)
・軽自動車税の減免
・生活福祉資金の貸し付け
・障害者職業適応訓練への参加
・バスや鉄道、タクシーなどの運賃割引(航空会社とJRは除く) ・水道料金や携帯電話の割引制度
・心身障害者医療費助成
・公共施設を利用する際の入場料が割引
・福祉手当の支給
・通所交通費の助成
・公営住宅への入居を希望する場合には優先入居

これらのサービスは、全国で一律に行われていたり地域や自治体ごとに行われていたり様々です。
日常生活を送るうえで、減免されたり軽減されるものがたくさんあります。
可能であれば精神障害者保健福祉手帳を取得して、こうしたサービスを活用したいものです。

手帳の有効期限

この手帳は公布されてから有効期限は2年間です。
そのあとは医師の診断書を添えて2年ごとに更新手続きを受けることになります。
更新手続きに必要なものは医師の診断書となります。

その診断書をもとに各都道府県の知事が承認するかどうかを判断します。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加