統合失調症を理解する

統合失調症を理解するトップ > 入院の種類応急入院について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

応急入院について

応急入院とは、統合失調症の患者さん本人から入院の同意が取れない場合に行われる入院です。
措置入院の必要はないものの症状が重いために入院治療が必要なケースに行われます。
基本的には医療保護入院と変わりません。

しかし医療保護入院の場合には保護者の同意があればすぐに入院できるものです。
対して応急入院の場合、保護者の同意がなかなか取れない場合の一時的入院が少なくありません。

72時間入院

応急入院は一時的な入院です。
なので最大72時間までと決められています。
通常、この72時間の間に保護者に入院の同意をさせ医療保護入院に切り替えることが多いのです。

保護者の同意がないまま入院措置を取るものです。
応急入院は「緊急に入院が必要な患者」が対象となります。
精神保健指定医が診察を行い、入院が必要だと判断することが必要なのです。
その病院施設の管理者が一時的な保護者となって入院手続きを行います。

医療保護入院への切り替え

応急入院は、保護の必要があって移送された統合失調症の患者を入院させる必要がある場合に行います。
保護者となかなか連絡が取れないなど理由は様々です。
72時間以内に保護者と連絡がつかない、入院の同意をもらえないケースもありえます。
その場合は市町村長が保護者となって医療保護入院の手続きを行うことになります。

ちなみに応急入院も当然健康保険が適用されます。
健康保険の自己負担は通常、3割です。
しかし国の制度を利用すれば自己負担分が0.5割とリーズナブルに抑えることも可能です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加