統合失調症を理解する

統合失調症を理解するトップ > 病型緊張型の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

緊張型の特徴

統合失調症の病型のひとつに緊張型があります。
日本ではあまり見られず、珍しいタイプとも言われています。
ただ若い世代、とくに20歳前後に多いとされており、注意は必要です。

緊張型

緊張型とはその名の通り精神状態がつねに緊張状態に陥ってしまっている症状のことです。
そのため落ち着きがなく、感情のコントロールがうまくできなくなってしまいます。
理由もなく突発的な行動をとることも多く、周囲の人から異様な目で見られてしまいがちです。

具体的に見てみましょう。
典型的なのが突然の興奮状態です。
会話をしている時などにこれといった理由もないのに突然興奮したり、怒り出したりします。
他の人はなにがきっかけでそうなったのかよくわからず困惑してしまいます。
さらに暴れだしたり、叫び出すといった症状も見られます。

躁うつ病との類似

こういった症状は躁うつ病と共通しています。
そのため混同されることも多いようです。
違いとしては躁うつ病の場合は興奮している時とそうでない時の落差が大きいこと。
こちらの緊張型はそれほどではありません。
ただ日によって落ち着いているときと興奮しているときがはっきりと現れる傾向があります。

緊張型の対処

周囲の人にとっては突然興奮し始める人に対してどう接したらよいのかわからないものです。
そのため自然と遠ざかってしまうケースもよく見られます。
緊張型の症状があらわれた人に対してはまず医療機関への受診を勧めます。

このタイプは統合失調症の中では比較的軽度といわれているものです。
早期治療による完治の確率も高いと考えられています。

スポンサードリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加