統合失調症を理解する

統合失調症を理解するトップ > 病型破瓜型の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

破瓜型の特徴

統合失調症は症状によっていくつかの病型に分けられます。
そのうちのひとつが破瓜型。別名解体型とも呼ばれています。
日本人によく見られるタイプとも言われており、注意が必要です。

無気力・無感動

破瓜型にはどのような特徴が見られるのでしょうか。
最大の特徴は無気力・無感動です。
これまで活発で活動的だった人が何に対しても反応や興味を見せなくなります。
感情を見せることがなくなるといった症状が見られます。

また、コミュニケーション能力の低下もこのタイプの典型的な症状です。
これまで人と接するのが好きで友人も多かった人が急に引きこもりがちになります。
コミュニケーションを拒むようになってしまいます。
会話をしようとしても一言二言だけで終わってしまい、続かなくなってしまうのも特徴です。

うつ病との区別

この破瓜型の特徴はうつ病と似ている部分が多く、見極めが難しいものです。
そのためこの区別が重要なポイントとなります。
周囲の人間がうつ病と統合失調症の違いをよく把握し、おかしいと思ったら注意です。
よく見極めて医療機関への受診を勧めるなどの対処も必要となるでしょう。

無気力状態が続くと

無気力状態が続くと別人のようになってしまいます。
日常生活が深刻な状態に陥ってしまうこともあります。
そうなる前に医療機関で適切な治療を受けることが大事です。
集団生活の中で変化が目に付きやすいタイプともいえます。
本人だけでなく周囲の人間の観察や気配りが重要なのです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加