統合失調症を理解する

統合失調症を理解するトップ > 就職を支援する制度障害者雇用機会創出事業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

障害者雇用機会創出事業

障害者雇用機会創出事業は、日本障碍者雇用促進協会が主体となっています。
通院治療やリハビリ中で就職を希望する障碍者のための雇用機会を新しく創出しているのです。

イメージ向上にも

障害者雇用機会創出事業では精神障害者を3か月の間、トライアルとして雇用します。
これは障害者に対するマイナスイメージの払拭としても有用です。
害者の雇用を前向きに考えるための制度として利用されています。

一般企業に限らず普段の生活の中で障害者の現状や状態を知る機会はなかなかありません。
結果、障害者に対してとてもマイナスのイメージを持っていることも少なくありません。
同じ職場で障害者が働く姿を見ることで、障害者の雇用に前向きになる企業も少なくありません。

トライアル雇用の条件

障害者雇用機会創出事業の障碍者トライアル雇用は、どの企業も自由に参加できるわけではありません
トライアル雇用の事業主となるにはさまざまな条件があります。
厚生年金保険や健康保険、雇用保険、労働者災害補償保険などに加入していることが必須です。

また労働基準法や労働安全衛生法などの法律をきちんと遵守していることも大切です。
クリーンな企業でなければいけません

労働期間は3か月

障害者雇用機会創出事業はトライアル雇用なので、基本的に労働期間は3か月のみとなります。
トライアル雇用期間の後に引き続き雇用を継続することも可能です。
トライアルの後に雇用契約をそのまま終了しても、企業に対するペナルティなどは一切ありません。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加