統合失調症を理解する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

職場適応訓練

職場適応訓練は、仕事をするためのスキルを身に着ける訓練制度です。
統合失調症などの精神疾患を患った人たちが、社会復帰を目指しています。

この制度を利用できるのは、身体障碍者、精神障害者、知的障碍者など障害を抱えている人達
それぞれの人たちの能力やスキル、レベルに応じて適切な作業訓練を受けることが可能です。
職場適応訓練の修了後も同じ職場でずっと仕事を続けることができます。

就労支援制度のひとつ

職場適応訓練は、各市町村が主体となって行う就労支援制度です。
制度利用中、訓練生として仕事をしている期間の日給は、それぞれの自治体が保証します。
日給の金額は各市町村によって異なりますが、一日当たり4000円前後が多いといわれています。

この職場適応訓練を利用するためには、ハローワークに求職登録を行います。
ハローワークに指定されている受講を完了した障害者の人のみが対象なのです。
訓練期間は6か月から1年間と決められています。
訓練期間が終わったら、引き続き同じ職場で社員として働き続けられるケースが多いのもポイントです。

雇用主にとってもメリットが

職場適応訓練は雇用主にとってもメリットがあります。
訓練生を一人受け入れれば一人当たり数万円の補助が出ます。
職業訓練中の訓練生に対しては、各市町村の自治体が日給を負担します。
雇用主はかなりリーズナブルに労働力を得られます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加