統合失調症を理解する

統合失調症を理解するトップ > 就職を支援する制度

障害者の就職支援制度

精神疾患患者にとって最も大きな問題が就労だと言われています。対人関係や適応能力の低下、経験・スキル不足、治療時間の確保など問題が山積みなのです。この問題を解決してくれるのが就職支援制度です。就労先の確保、障害者を対象とした就職の斡旋、必要なスキルの勉強など社会復帰の手助けを行ってくれます。就労は社会復帰の第一歩です。制度や施設をうまく活用し、社会復帰の早期実現を目指すようにしましょう。

職場適応訓練
仕事に必要なスキルを身に着けるための訓練制度です。身体障碍者、精神障害者、知的障碍者が対象の制度です。
特定求職者雇用開発助成金
事業主に支払われる補助金の一種です。精神障碍者や高齢者など一般的な就職が難しい人を雇用することで支払われます。
障害者雇用機会創出事業
通院治療中やリハビリ中であっても就職ができるよう、その雇用機会を創出している機関です。
障害者職業センター
就労に必要なスキルだけでなく、職業リハビリ、就職アドバイス、雇用のサポートを行ってくれます。
公共職業安定所(ハローワーク)
地元密着の仕事を斡旋してくれる機関です。精神障害者という枠が設けられているため、障害者手帳の取得者も利用が可能になります。