統合失調症を理解する

統合失調症を理解するトップ > 薬物療法による副作用悪性症候群(症状・対処法)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

悪性症候群(症状・対処法)

長期間服用を前提としている抗精神病薬は副作用が少ない薬です。
しかし当然、副作用が起きる場合もあります。
その中でも、直ちに治療が必要になるのは、悪性症候群と呼ばれる副作用なのです。
抗精神病薬の量を増やした時などに起きることが多いといわれています。

悪性症候群の症状

悪性症候群には、

・40度にもなる高熱
・大量に汗をかく
・口の筋肉が動かなくなり、ヨダレが出る
・口の筋肉やのどの筋肉が硬直することで、言語が出なくなる
・頻脈(脈搏が速くなる)
・意識障害
・震えが止まらなくなる

などがあります。

風邪やインフルエンザの場合と違い、悪性症候群の場合抗精神病薬が原因です。
薬の服用を中止しない限りは悪性症候群も軽減されません。
一般的な治療方法は、原因となっている薬の使用を中止することです。
これは発熱や発汗によって脱水症状が起きやすくなっているためです。
十分な水分補給と栄養補給を行い、ダントローレンなどの治療薬が使用されることもあります。

悪性症候群の対処法

早期に治療を始めれば、それほど深刻になることなく改善される悪性症候群。
放置して症状が重症になってしまうと、集中治療室での治療が必要になるケースもあります。

抗精神病薬の中には、悪性症候群の副作用が起きる可能性があるものが複数あります。
治療を始めたばかりの時期、薬の量を増量したばかりの時期は注意が必要です。
副作用を念頭に入れて治療に取り組むようにしましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加