統合失調症を理解する

統合失調症を理解するトップ > リハビリテーション生活技能訓練(SST)とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活技能訓練(SST)とは

統合失調症の治療の中では、社会復帰に向けて行われるリハビリがあります。
リハビリの中の一つでもある生活技能訓練(SST)
統合失調症を患って入院している患者に入院しながら心のリハビリを行うという治療方法です。

認知行動療法

生活技能訓練は、認知行動療法と呼ばれるリハビリです。
アメリカのカリフォルニア大学のリパーマン教授によってスタートされたものが発祥です。

社会生活では自分では避けられないストレスがあちこちから容赦なく襲い掛かってきます。
ストレスと向き合って精神疾患を予防するにはどうしたらいいでしょうか。
患者がストレスを受け流し発散するスキルやコツを知っておくことです。
生活技能訓練は、統合失調症を再発させないためのトレーニングにもなります。
対人関係におけるノウハウや、自分自身がどのようにふるまえばよいのかなど......。
いろいろなテーマによって訓練が行われます。

実践的なトレーニングを

実践的なトレーニングのため、一つ一つの訓練で具体的なシミュレーションが行われます。
医師と患者さんでマンツーマンで行われるケースは実際には珍しいものです。
ほとんどの場合同じ統合失調症を抱えている患者がグループになって行います。
お互いにコミュニケーションを取りつつ社会復帰を目指します。

対人関係に関するトレーニングが基本となるのが生活技能訓練です。
毎日の生活で必要な料理や掃除、洗濯などの家事や、買い物等々......。
他にも金銭管理などのスキルも、リハビリの一環として学ぶことができます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加