統合失調症を理解する

統合失調症を理解するトップ > リハビリテーション統合失調症のリハビリの目的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

統合失調症のリハビリの目的

骨折すれば、治療のプロセスとしてリハビリが行われます。
心療科の精神疾患でもある統合失調症の場合にも、治療には長い年月がかかります。
社会復帰を果たせるようにリハビリが行われます。

統合失調症は精神疾患なので、見た目にはリハビリの必要などないようにも思えます。
精神疾患では、カウンセリングなど精神的なリハビリを行うのです。

統合失調症のリハビリの内容

統合失調症のリハビリでは、自身の精神疾患に関する知識を学びます。
客観的に病気と向き合えるような姿勢を覚えるのです。
統合失調症の原因となったストレスと向き合う方法を教わります。
ストレスの多い人間関係をスムーズに行うためのコツやポイントなども学ぶことができます。

統合失調症によって記憶力や集中力がなくなってしまうケースも少なくありません。
能力やスキルと元の状態へ戻すためのリハビリやトレーニングが行われることもあるようです。

グループディスカッション

統合失調症のリハビリは、必ずしもマンツーマンで行われるわけではありません。
同じ疾患の患者同士がグループディスカッションをしたりする機会も少なくないのです。
集団の中に自分を置くことによって、少しずつ他人とのコミュニケーションスキルを取り戻します。
こうして、社会生活への復帰に近づくのです。

リハビリに興味がある患者や家族の人は、かかりつけの医師に相談してみてください。
症状と相談し、リハビリ機関を紹介されることでしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加