統合失調症を理解する

統合失調症を理解するトップ > リハビリテーションについて

統合失調症のリハビリテーション

統合失調症など精神疾患の治療では、社会復帰のためにリハビリが行われることがあります。リハビリといっても体を動かすのではなく、病気に関する知識、ストレスへの対処法などを学んでいくカウンセリングが行われています。また、病状が進行している場合には、対人関係のトレーニングを取り入れた生活技能訓練や、再発予防を目的とした作業療法を行うこともあります。どれも高い効果が期待できる方法です。積極的に参加するようにしましょう。

統合失調症のリハビリの目的
統合失調症のリハビリでは精神疾患に関する知識、発病原因であるストレスとの向き合い方を教わっていきます。
生活技能訓練(SST)とは
統合失調症の再発を予防するトレーニングです。対人関係や自身のふるまいを学び早期の社会復帰を目指していきます。
作業療法について
日常生活のストレスを解消し社会生活に役立つアクティビティを行っていきます。再発予防に効果的な方法です。