統合失調症を理解する

統合失調症を理解するトップ > 入院について入院が必要な場合とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

入院が必要な場合とは?

統合失調症にかかると、外来治療か入院治療のどちらかで治療を行うことになります。
外来か、入院が必要になるのかは、主に医師が判断します。
診断によっては通院しながら日常生活を送ることが可能です。

入院が必要な場合

入院が必要になるのは、

・鬱の症状がひどく、自殺リスクが高い場合
・強い興奮状態が続いていて、自傷他害リスクが高い場合
・幻覚、妄想がひどく、家を飛び出してしまう場合
・外来治療で処方した薬を拒否して飲まない場合
・外来治療で観察しても、病状が一向に改善しない場合
・家族間のトラブルなどが、患者本人に大きなストレスとなっている場合
・一人暮らしをしていたりして、食事をとらなかったり、取れない状態にある場合
・生活がひどく不規則な場合
・医師の説明や支持が理解できない場合

このようなときは入院を

統合失調症の症状が軽くても、自他を傷つけるリスクが高い場合などには入院治療します。
生活習慣が乱れているときも同様です。
入院治療であれば24時間体制で様子を観察可能なのです。
治療効果がスピーディに実感できるというメリットがあります。
また、薬が体に合わずに副作用が出た場合でも、すぐに対応できます。
このため薬物治療の苦痛に対する不安がなくなるというメリットもあるようです。

家族との生活に対して大きなストレスを抱えていた人にも役立ちます。
入院治療で家庭と距離を置くことによって、ストレスが軽減されるのです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加