統合失調症を理解する

統合失調症を理解するトップ > 施設を利用するグループホーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グループホーム

統合失調症など精神疾患の患者が社会復帰にむけて入居するのがグループホームです。
ここは社会復帰してから一人暮らしをする必要がある人を対象としているリハビリ施設。
日常生活を送るうえで精神的にサポートや介助が必要な人が入居できます。

全国的な数

現在は、全国にあるグループホームはまだまだ多くありません。
需要に対して供給がまったく追いついていない状態です。
更に精神疾患患者の社会的な入院はこれから減少していく傾向があるといわれています。
これからグループホームが急増するとは少々考えにくいのです。

グループホームは施設によって入居人数などは異なり目安としては20人ほど
入居できれば、障害年金の中で日常生活において自立するためのスキルを学ぶことができます。
入居費用や光熱費を支払いつつ集団生活をする中で、家事や洗濯、掃除などを覚えていくのです。

グループホームでの生活を通して

グループホームでの生活を通して必要な対人スキルを身につけることもできます。
日常生活に必要なスキルはもちろん、お金の管理ができる能力を身につけられるのも重要です。

高倍率なためにグループホームに入居したくてもできない場合も少なくありません。
その場合は病院自治体が開催しているリハビリ訓練がおすすめです。
ケースワーカーが自宅にやってきてリハビリを行ってくれる制度もあります。
統合失調症の通院治療中には、どうしても自宅に引きこもりがちになってしまいます。
そうならないためにも、積極的にそうしたプログラムを利用してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加