統合失調症を理解する

統合失調症を理解するトップ > 施設を利用する

施設でのリハビリテーション

統合失調症患者が社会復帰を目指す場合にはリハビリを受けることになります。リハビリは病院でも受けることが出来ますが、より専門的で長期間のリハビリを希望する方は施設の利用がお勧めです。現在では様々なタイプがあるため症状や希望に合った施設を選ぶことが可能です。特に障害年金の範囲で自立スキルを学べるグループホームなら、より実践的なリハビリが行えるでしょう。人気が高く入居が難しいデメリットはありますが、早期の復帰を目指すのであれば応募した方がいいでしょう。

デイケア
病院、リハビリ施設、精神保健福祉センターなどが開催しているリハビリプログラムです。家に閉じこもりがちな患者の社会復帰を後押してくれます。
援護寮(精神障害者生活訓練施設)
社会復帰に必要な作業を学ぶプログラムです。同じ疾患を抱える人達と共同生活をしながら日常生活に必要な作業を自分で行っていきます。
福祉ホーム
日常生活で必要となるサポートを提供する施設です。施設によっては長期入居も可能になります。
グループホーム
社会復帰後に一人暮らしの必要がある人を対象としたリハビリ施設です。家事や洗濯だけでなく対人関係についても学べます。