統合失調症を理解する

統合失調症を理解するトップ > 統合失調症のその他治療法

特殊な治療法

統合失調症の治療では主に薬物療法が用いられいます。しかし、統合失調症のように複雑な病気の場合には薬物だけで対応するのが難しいケースも少なくありません。そこで用いられるのが支持療法や認知行動療法なのです。支持療法は患者さんを全て肯定するのを前提に行われるカウンセリングです。対人関係やストレスへの対処法を学べます。また、不安・恐怖に感じることに自ら向き合う認知行動療法も効果的な治療法といえます。

支持療法
患者さんの考えを支持し、絶対に否定しないというカウンセリングです。適切なストレス対処法を学ぶことが出来ます。
認知行動療法
自分の置かれている状況や環境を適確に認識することで不安や恐怖を克服する治療法です。
電気けいれん療法
体に電気を流し筋肉を痙攣させることで鬱症状を軽減させる治療法です。痛みを取り除く目的で麻酔が用いることもあります。