統合失調症を理解する

統合失調症を理解するトップ > 統合失調症の補助治療薬

補助的治療薬について

統合失調症の症状は抗精神病薬である程度抑えることが可能ですが、全ての症状までとはいかないのが現状です。そこで、改善が見られない症状には補助治療薬を併用することで対処しています。現在、統合失調症の補助治療薬として使われているのは抗不安薬、睡眠薬、抗パーキンソン薬、抗てんかん薬です。この中には服用量に上限があるものあるため、服用の際には医師の指示を守り、過剰摂取に注意するようにしましょう。

補助治療薬とは?
抗精神病薬ではカバー出来ない症状を抑える薬剤です。抗精神病薬による強い作用の抑制にも用いられいます。
抗不安薬
補助治療薬の一種です。鬱症状、不安感、ストレスなどの解消に効果的な薬剤です。
睡眠薬
不眠症を和らげる効果があります。種類により作用時間が異なる特徴を持っています。
抗パーキンソン薬
補助治療薬による副作用を抑える目的で用いらています。筋肉の緊張、硬直などにも効果的に作用します。
抗てんかん薬
てんかん発作や鬱症状を抑制するための薬です。副作用や中毒症状が出やすいため使用の際には注意が必要です。