統合失調症を理解する

統合失調症を理解するトップ > 抗精神病薬SDAの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SDAの特徴

統合失調症の治療に広く用いられている抗精神病薬
現在医療の現場で用いられているものは大きく分けて従来型と新規型の2種類があります。
新規型の代表格といえるのがSDAです
「非定型抗精神病薬」とも呼ばれています。

陰性症状への効果

SDAにはどのような特徴があるのでしょうか。
最大の特徴は陰性症状に効果が期待できること。
従来型の抗精神病薬では妄想や幻覚など陽性症状を抑える効果が一般的でした。
そのため安定期や回復期に入った患者の症状を抑えるのが難しい面もあったのです。
しかしSDAなら陰性症状を抑えることで治療期間全体を通して活用することができます。

もうひとつの特徴は副作用が少ないこと
とくにパーキンソン病やふるえ、こわばりをもたらす遅発性ジスキネジア......。
深刻な副作用のリスクが少ないのが大きなポイントです。

今後の期待

SDAの中でもリスパダールと呼ばれる種類の抗精神病薬が広く用いられています。
すでに治療実績も積み重ねられているのです。
このタイプの薬はすでに挙げた陰性症状への効果はもちろんのこと。
特に陽性症状に対しても優れた効果をもたらします。
即効性に優れている点が大きな魅力です。

同じくSDAに属するインヴェガという種類も治療に用いられる機会が増えています。
こちらは強い不安や抑うつに対する効果が期待できるといった特徴があります。

現在では最初からこのSDAで薬物療法をはじめる医療機関も増えてきました。
今後も主流となっていくことが予想されています。
ますます有効に活用され、治療に役立っていくことでしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加