統合失調症を理解する

統合失調症を理解するトップ > 抗精神病薬DSSの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DSSの特徴

統合失調症における薬物療法では抗精神病薬がよく用いられます。
この薬は大きく分けて従来型と新規(非定型型)の2種類があります。
現在では非定型の優位性が指摘されています。
治療の初期段階からこちらを選択するケースが増えているのです。

そんな非定型の薬はさらに3種類に分けることができます。
SDA、MARTA、そしてDSSです。
この中ではSDAがもっとも多く用いられています。
しかし現在新しいタイプの薬として注目されているのがDSSです。

ドーパミン・システム・スタビライザー

このDSSとは「ドーパミン・システム・スタビライザー」の略称です。
抗精神病薬は共通してドーパミンの働きを抑える作用が備わっています。
妄想や幻覚といった症状をやわらげることができるのです。
体のこわばりやふるえといった副作用が生じることもあります。

このDSSはドーパミンの経路を完全に遮断しません。
ドーパミンの活動を安定化させた状態で抑制することができるためです。
副作用が起こりにくい仕組みとなっています。

より多くの人の選択肢に

SDAやMARTAでは副作用が出てしまう人に適した薬と言えます。
非定型抗精神病薬の高い効果は誰に対しても最適ではないことも指摘されています。
その意味でもDSSはより多くの人に適用する、優れた魅力を備えているといってよいでしょう。

抗精神病薬の選択は医師が行うものです。
薬物療法を受ける際にはDSSのこうした特徴・メリットを把握しましょう。
自分に適しているかどうか相談してみるのもよいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加