統合失調症を理解する

統合失調症を理解するトップ > 統合失調症の抗精神病薬について

薬物療法

薬物療法は統合失調症治療の柱ともいえる治療です。抗精神病薬を使用することが多く、ドーパミンの抑制により幻覚、無気力などの症状改善をはかります。現在、抗精神病薬には従来型と新規型の2種類がありますが、統合失調症には陰性症状にも効果がある新規型が多く用いられているようです。長期使用にも適しているなど利便性の高い薬剤ですが、、副作用には注意が必要です。医師の注意をしっかり聞き、用法・用量を間違えないようにしましょう。

抗精神病薬の特徴
脳内のドーパミンを抑制し、妄想や幻覚、集中力の低下を抑えることが出来ます。ただし、長期間の服用が必要になるデメリットもあります。
抗精神薬と抗精神病薬の違い
抗精神病薬は抗精神薬の一種と分類されます。つまり同じ部類の薬剤です。
SDA
新規型抗精神病薬の一種です。陰性症状への高い効果と副作用の少なさが特徴です。
MARTA
新規型の抗精神病薬の一種です。陰性症状に高い効果が期待でき、また長期治療にも適しているなどのメリットがあります。
DSS
こちもら新規型の一種です。ドーパミンの経路を完全に遮断しないため、副作用を最小限に抑えることが出来ます。