統合失調症を理解する

統合失調症の理解を深めるために

統合失調症になると様々な症状が起こり、
日常生活で困難に感じることがいろいろと起こります。
療養生活も長くなりますので、
本人だけではなく家族や周りの方々の理解とサポートが必要となってきます。
当サイトでは、統合失調症の特徴や治療をご紹介していますので、
少しでも理解を深めて頂くことができれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

統合失調症とはどんな病気なの?

統合失調症は日本でも100万人を超えるといわれていて、15歳~45歳で発症する方が多いです。誰にでも起こりうるもので、決して珍しい病気ではありません。

統合失調症の症状とは?

統合失調症の特徴として「陽性症状」と「陰性症状」の2つの症状があらわれます。

陽性症状
幻聴、妄想、興奮状態等

初期に現れる

陰性症状
対人関係が困難になったり、感情表現が鈍くなる等

陽性症状から移行して長期間続く

統合失調症の原因は?

はっきりした根本的な原因はよくわかっていないのが現状…ただし、次の様な原因が考えられています。

↓

遺伝的要因、胎内時の脳の障害、
心理的、社会的ストレス等…

いろんな原因が絡み合っている!

>>統合失調症の原因について

陰性症状は長く続きますので、自宅療養で日々を過ごすことに
なります。本人だけではなく、周りの理解も欠かせません。

統合失調症の特徴について詳しく見る

どのようにして調べるの?

統合失調症は発病してから5年経つと、急速に悪化すると言われています。そのため、すぐに気がついて早期治療を受けるのがとっても大切となります。まずはチェックポイントで可能性があるか調べてみましょう。

セルフチェックはあくまでも可能性を調べるものですので、疑わしい場合は病院で診てもらいましょう。

  • ・何科で診てもらえばいいの?
  • ・どのような病院・医師に診てもらうのがいい?
  • ・検査はどんなことを行うの?

どんな治療法があるの?

統合失調症では一番重要なのがお薬による治療です。
薬物療法を受けながら、場合によってはその他治療(リハビリ、作業療法、精神療法等)を
組み合わせながら改善を目指していきます。

  • 薬物療法
  • その他治療法(リハビリ、精神療法等)
  • 入院による治療